当サイトは広告を使用しています。

コーヒーは豆と粉どっちがいい?おすすめのコーヒー豆5選を紹介!

「コーヒーって豆と粉どっちがいいの?」
「種類が多くてどれがいいのかわからない」
「深煎りってなに?」

このような疑問はありませんか?

いざコーヒーを趣味にしてみようと思っても、種類が多すぎて何を選べばいいかわかりにくいですよね。

コーヒーには、豆とあらかじめ挽かれた粉があります。味はどちらも同じですが、手間や入れる楽しさ、保管方法などが異なります。

また、他にも産地や焙煎度、ストレートかブレンドかで味わいが異なります。

この記事では、以下について解説します。

この記事でわかること
  • 豆と粉の違い
  • コーヒーの選び方
  • おすすめのコーヒー豆(粉)

お家でゆっくり楽しめる趣味として、コーヒーライフを楽しみましょう!

目次

コーヒーは豆と粉どっちがいいの?

いざコーヒーを家で入れてみようとすると、豆と粉のどっちがいいか迷ってしまいませんか?

コーヒー豆はその場で挽く瞬間に、香りがピークに達します。このコーヒーの香りを楽しみたいなら、豆を選んで自宅で挽いてみましょう。

一方で、忙しい毎日を送る中で手軽さを求めるなら、あらかじめ挽かれた粉がおすすめです。準備するのはドリッパーだけなので、あっという間に美味しい一杯が楽しめます。

また、豆を選ぶ時には、その長持ち度も考慮しましょう。

豆は酸素と触れる面が少ないため、味を長く保てます。一方、粉は触れる面積が多いため、新鮮さが失われやすいです。

コーヒー豆や粉のおすすめの選び方5選

コーヒーにはさまざまな種類があります。コーヒーを選ぶ際には、以下の5つを参考に、いろいろ比較しながら試してみましょう!

コーヒー豆のおすすめの選び方
  • 焙煎の度合いで選ぶ
  • 味わいで選ぶ
  • 産地で選ぶ
  • ストレートかブレンドかで選ぶ
  • カフェインが気になるならカフェインレスを選ぶ
しおりんな

私は苦めが好きなので、深煎りのものを選ぶようにしています!

焙煎の度合いで選ぶ

コーヒーの味わいは、選ぶ豆の焙煎度合いに大きく左右されます。コーヒーの焙煎とは、生のコーヒー豆にを加えることで、香りや味、色を引き出す加工過程のことです。生豆はもともと無色透明で香りもありませんが、焙煎によって豆は茶色く変わり、コーヒー特有の香りや風味が生まれます。

焙煎の度合いは大きく「浅煎り」「中煎り」「深煎り」の3つに分類されます。

焙煎の度合い酸味と苦み味わいおすすめの楽しみ方
浅煎り酸味フルーティーな味わい一息つきたい午後
中煎りバランスが良い柔らかな苦味と豊かな香り日々のリラックスタイム
深煎り苦味深いコク目覚めの一杯

浅煎りは酸味が際立ち、フルーティーな味わいが特徴です。中煎りはバランスが良く、柔らかな苦味と豊かな香りが魅力。そして深煎り、これは力強い苦味と深いコクがあります。

味わいで選ぶ

コーヒーには、主に苦味、甘み、コク、酸味の4つの味わいがあります。

コーヒーの苦味や甘みは、その豆の種類だけでなく、焙煎の度合いによっても変化します。同じ豆でも、浅煎りから深煎りまで、異なる焙煎度で全く異なる味わいを楽しむことができます。コーヒーを選ぶ際は、その日の気分に合わせて、あなたの好みの焙煎度を選んでみましょう。

コクとは、コーヒーが口の中に残す余韻のこと。ミルクを加えて濃厚な味わいを楽しみたい時は、コクが豊かなコーヒーを。一方で、すっきりとした飲み口を好むなら、コクが軽めのコーヒーがおすすめです。

そして、酸味。この酸味は、柑橘類やベリーのようなフレッシュで爽やかな風味をもたらします。

産地で選ぶ

産地によって異なる気候や土壌は、コーヒー豆に独自の風味を与えます。ここでは、コーヒー豆が有名な以下の8つの産地の豆の特徴を紹介します。

産地特徴
タンザニア(キリマンジャロ)強い酸味とコク、甘い香りを持つ
「野性味あふれる味」
ジャマイカ(ブルーマウンテン)調和のとれた味わいと滑らかな喉越し、卓越した香気を持つ
「コーヒーの王様」
イエメン/エチオピア(モカ)フルーツのような酸味と甘み、コクがある
ブラジルバランスの良い酸味と苦味が特徴で、ブレンドのベースとしても人気
グアテマラ果物を思わせるフレッシュな酸味、華やかな甘い香り、豊かなコクがある
コロンビアナチュラルな甘さと重量感のあるコク、フルーティーさを兼ね備えたバランスの良い味
アメリカ強い酸味と甘い香りが特徴
インドネシア(マンデリン)しっかりとした苦味とコク、控えめな酸味、ボディの強さとハーブやシナモンのような上品な風味がある

たとえば、フルーティーな酸味を楽しむなら、アフリカの豆がおすすめ。しっかりとしたコクと深いボディ感を求めるなら、南米の豆を試してみましょう。また、甘い香りと繊細な味わいが好みなら、中米の豆がぴったりです。

コーヒーはただの飲み物ではありません。世界各地の文化や自然を一杯に凝縮した、物語のようなもの。あなたの心に寄り添い、毎日を豊かに彩る一杯を、産地から選ぶ旅を楽しんでみてください!

ストレートかブレンドかで選ぶ

コーヒー豆には、「ストレート」と「ブレンド」の2つの種類があります。

「ストレート」は、一つの産地から来た豆だけを使ったもので、産地固有の独特な香りや風味を楽しめます。例えば、コロンビアやモカからの豆は、その地の気候や土壌による独自の酸味や苦みが特徴です。さらに、シングルオリジンと呼ばれる、一つの農園からのみ収穫された豆は、更に細やかな味のニュアンスを楽しむことができます。

一方、「ブレンド」は、異なる産地の豆を組み合わせることで、バランスのとれた味わいを実現します。2種類以上の豆を上手に組み合わせることで、一つでは得られない複雑で豊かな味を創り出します。例えば、「モカブレンド」は、モカ豆を主体にしたブレンドで、モカ特有の味わいを保ちつつ、他の豆が加わることで新たな味を加えます。

カフェインが気になるならカフェインレスを選ぶ

カフェインが苦手な人には、カフェインレス、または一般に「デカフェ」と呼ばれるコーヒーがおすすめ。

カフェインレスコーヒーは、通常のコーヒー豆からカフェインを90%以上取り除いたものです。この穏やかな選択肢は、カフェインが苦手な方や、妊娠中の方でも安心して楽しめます。

おすすめのコーヒー豆(粉)5選

ここからは、おすすめなコーヒー豆や粉を紹介していきます!

おすすめのコーヒー豆(粉)
  • Blissful coffee
  • 珈琲きゃろっと
  • imperfect表参道
  • 木炭焙煎珈琲豆
  • パロットコーヒー

Blissful coffee

Blissful coffeeは、イタリアのソムリエ資格を持つ焙煎士が独自の感性と経験を活かし、世界各国から厳選された高品質なコーヒー豆をオリジナルブレンドで焙煎。

ドイツ・プロバット社の最先端ロースターで丁寧に焼き上げることで、本物の味わいと香りを実現しています。


珈琲きゃろっと

珈琲きゃろっとの焙煎士はコーヒー鑑定士の国際認定資格を持ち、注文を受けてから、生豆を世界で唯一の自社開発焙煎機で焼き上げています。

「最高の品質・最高の鮮度・最高の焙煎」を届けるために、独自の技術と情熱が注ぎ込まれたコーヒー豆は、珈琲きゃろっとでしか味わえません。

imperfect表参道

imperfect表参道のコーヒーは、あなたの「おいしい」を世界中の「うれしい」に変える特別な一杯です。

選び抜かれたコーヒー豆は、農園との深いネットワークとプロの審美眼により厳選され、それぞれの産地の良さを最大限に引き出すミディアムローストで提供。

毎月異なるコーヒー豆をお届けする定期セットは、自宅で優雅なコーヒータイムを楽しみたい方にぴったり。お得なキャンペーンも実施中で、初回は特別価格で始められます!

木炭焙煎珈琲豆

木炭焙煎珈琲豆のコーヒー豆は、複数の豆を熟練の技でブレンドし、伝統的な木炭焙煎で一層深い香りと味わいを引き出しています。

ギフトやお中元にも人気で、特別な感謝やお祝いの気持ちを届けるのにぴったりです!

パロットコーヒー

パロットコーヒーの豆はブラジル産で、ナッツやチョコレートを思わせる軽い苦味と香りが特徴的。グァテマラ産はコーヒーらしい香ばしさが際立ちます。

どちらも程よい苦みと酸味があり、クセがなくミルクとも良く合うため、ホットはもちろんアイスカフェオレにもぴったり!

コーヒーを楽しむならアイテムを揃えよう!

コーヒーを豆で入れる際には、コーヒー豆の他にも以下の6つのアイテムが必要です。

コーヒー初心者に揃えてほしいアイテム
  • ミル
  • ドリッパー
  • ペーパーフィルタ
  • ドリップケトル
  • コーヒーメジャースプーン
  • コーヒーカップ

それぞれのアイテムの使い方やおすすめを以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

あなた好みのコーヒー豆を見つけよう!

コーヒーにはさまざまな種類があり、種類によって淹れ方や味、香りが異なります。コーヒーを選ぶ際には、以下の基準に選んでみてください。

コーヒー豆のおすすめの選び方
  • 焙煎の度合いで選ぶ
  • 味わいで選ぶ
  • 産地で選ぶ
  • ストレートかブレンドかで選ぶ
  • カフェインが気になるならカフェインレスを選ぶ

コーヒーは、1人でも楽しめる趣味の1つです。香りや味、選ぶ楽しさを満喫してください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次